初心者パドリング-サーフィン用品・グッズ何から何まで満載のナミナミドットコム  楽天出店ストアの価格比較サイトです。目当ての商品を見つけて楽天市場でらくらく購入!

パドリングとは

サーフボードに腹ばいになって水泳のクロールのように進んでいくこれをパドリングと言います。

パドリングは意外と難しいです。

まずボードの上でバランスを取ること自体が難しいのです。

バランスは慣れが必要ですので、浮力の強いファンボードなどで海の上でのバランスになれることが大切です。

海の面がざわついているときなどから始めると難しいかも知れません。

パドリング動画

パドリングバランスのとり方

まずはボードを海に浮かべます。ここに腹ばいに寝そべります。これが意外と簡単そうに見えるんですが、バランスがとれない事に驚きます。
ボードの中心に体がないとすぐにひっくり返ります。
ボードの中心にうまくバランスよく乗るには、腹筋の上部あたりを中心にして重心をとることです。その時に上半身を反らせできれば足を閉じる。これがパドリングの基本姿勢となります。
ポジショニングのコツとしては、サーフボードに腹ばいになった時、手を伸ばしてサーフボードの先端に手が届くぐらいの感じで。サーフボードの真ん中にある木の部分(ストリンガー)を目印に。

S字パドリング

手は出来るだけ遠くに入れ完全に後ろまで掻ききる点が重要です。
肘を自然に曲げサーフボードの下に運び自分の体の下の水をかく感覚です。

このときに肘が伸びていると効率が悪いばかりではなくひじょうに疲れやすくなります。

長時間のパドルを考えると非常に無駄な動きになります。

力を入れてかくタイミングは体の下から後ろにかけてです。

手を水から抜くのは肘から抜くように
するのが疲れにくいのも覚えておいて下さい。
それとこれも初心者の方に多いのですがパドルするたびにボードが左右に振れている状態。
これも水の抵抗が多くなりスピードを得難くなる原因になります。
腕を肘から抜くようにすると、バランスが崩れ難くなりこの左右に振れるのもある程度解消されます。

パドル筋を鍛えることが大切ですが、サーフィン用のトレーニングチューブが効果的であるといわれています。

1週間に1度のトレーニングでも違うそうです。